宮崎生活情報

南国の気候と日本神話の舞台が楽しめる宮崎県の観光スポット

日本の中でも温暖な地域として知られる宮崎県は、その特徴からよく「南国」と呼ばれます。一年を通して快晴日、日照時間が多いためバカンスに最適で、毎年春先には野球球団など、多くのプロスポーツチームのキャンプ地になることでも知られます。ここではそんな宮崎県にある、情緒豊かな観光スポットについて紹介していきます。

 

サンメッセ日南

 

サンメッセ日南は、宮崎県日南市にある海浜公園です。公園内の小高い丘からは広く海を眺めることができ、自然の美しさをお手軽に楽しめるスポットとなっています。

 

サンメッセ日南の最も大きな特徴といえるのが、敷地内にある巨大なモアイ像です。これらモアイ像は世界で初めて造られた公認レプリカであり、イースター島のモアイ復刻事業に日本企業が関わっていたことがきっかけで建立されました。本家モアイ像を精密に再現したその威容は、まさに迫力満点です。

 

また園内には、他にも様々なモニュメント、展示施設などがあります。レストランや温泉施設といったレジャー施設も充実しているため、ぐるっと一回りすることで、丸ごと一日楽しむことができるでしょう。

 

高千穂峡

 

高千穂峡は、宮崎県高千穂町にある峡谷です。古くからある定番の景勝地であり、せっかく宮崎県を訪れたのなら、ぜひ足を運んでおきたい観光スポットといえます。

 

はるか昔、阿蘇山の火山活動によって形成された渓谷では、断崖絶壁の荒々しさと渓流の涼やかさが同居した素晴らしい景色を楽しめます。貸しボートを用いた渓流下りもでき、アトラクション性の高い観光スポットといえるでしょう。

 

天安河原(あまのやすがわら)

 

天安河原(あまのやすがわら)は、宮崎県高千穂町にある洞窟です。日本有数のパワースポットとして知られ、神秘的な光景が楽しめる場所となっています。天照大神が閉じこもったと言い伝えられる天岩戸が存在しており、日本神話のルーツをたどる上でも重要なスポットです。

 

河原にある石を積み重ねることで願いが叶うとされており、無数の石の塔が立ち並ぶ様は、洞窟の幻想的な風景をより一層、神聖なものとしています。すぐ近くには、この洞窟自体を御神体として祀る天岩戸神社があり、例年たくさんの参拝客で賑わっています。

 

宮崎県では南国要素と神話要素が楽しめる

 

全体的に南国の雰囲気が漂う宮崎県は、ただ車でドライブしているだけでも楽しめる、陽気な土地となっています。その一方で神秘的なスポットにも事欠かず、非日常的な旅を求めているなら最適な旅先といえるでしょう。もし宮崎県に旅行することを検討しているなら、南国要素と神話要素に着目してから旅の計画を立てるのがおすすめです。

 

ジモシル宮崎市